平成23年度(2011年) 環境・設備 問題20

環境・設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 建築物の総合環境性能評価システムとして、日本ではPALがあり、他国でのBREEAM、LEEDに相当する

2. 建築・設備の省エネルギー計画の基本は、第一に建築的手法により熱負荷の軽減や自然を活用すること、第二に性能の高い設備を構築し、適正に運転・管理することである。

3. LCA(ライフ・サイクル・アセスメント)は、製品の生涯を通しての環境側面及び潜在的環境影響を評価するものであり、環境影響の領域として、資源利用人の健康及び生態系への影響が含まれる。

4. 再生可能エネルギー源には、太陽光、風力、水力、バイオマス、地熱等がある。

解答20へ

問題19へ   

1級建築士問題 目次へ戻る