平成23年度(2011年) 環境・設備 問題18

防災設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 泡消火設備は、液体燃料等の火災に対して有効な消火設備であり、駐車場、自動車整備場、指定可燃物の貯蔵所等に用いられる。

2. 屋外消火栓設備は、1階及び2階の床面積の広い建築物に設置され、消火や隣接建築物への燃焼防止を目的としている。

3. 差動式感知器は、周囲が一定温度以上になると作動する機器であり、厨房、ボイラー室、サウナ室等に設置される。

4. 非常用の照明装置は、常温下で床面において水平面照度で1lx(蛍光灯を用いる場合には2lx)以上を確保する必要がある。

解答18へ

問題17へ   問題19へ

1級建築士問題 目次へ戻る