平成23年度(2011年) 環境・設備 問題15

給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 都市ガスの種類は、比重・熱量・燃料速度の違いにより区分される。

2. 給湯用ボイラーは、基本的に開放回路であり、常に缶水が新鮮な補給水と入れ替わるため、空調用温水ボイラーに比べて腐食しにくい。

3. 循環式の中央給湯設備において、給湯温度は、レジオネラ属菌の繁殖を防ぐために、貯湯槽内で60℃以上、末端の給湯栓でも55℃以上に保つ必要がある。

4. ポンプにおいてキャビテーションが発生すると、「振動・騒音」、「ポンプの効率の低下」及び「発生部での侵食」が生じることがある。

解答15へ

問題14へ   問題16へ

1級建築士問題 目次へ戻る