平成23年度(2011年) 環境・設備 問題13

換気設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 営業用厨房の換気計画において、厨房換気排気量は、一般に、厨房換気給気量に比べて大きくする。

2. 粉じんを除去する換気用エアフィルタユニットの粒子補集率には、測定方法によって、計数法、比色法及び質量法の表示方法がある。

3. ボイラー室の給気量は、燃焼に必要な空気量に室内発熱を除去するための換気量を加えた量とする。

4. 同風量用の外気取り入れガラリと排気ガラリでは、一般に、通過風速を高くできることから、外気取り入れガラリのほうが必要な正面面積は小さくなる。

解答13へ

問題12へ   問題14へ

1級建築士問題 目次へ戻る