平成23年度(2011年) 環境・設備 問題11

空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 全熱交換器の効果は、必要外気量の多い建築物ほど期待できる。

2. 外気冷房の効果は、内部発熱が大きく必要外気量の小さい建築物ほど期待できる。

3. 日本工業規格(JIS)におけるクリーンルームの空気清浄度の等級には、クラス1〜9があり、クラスの数値が大きいほど清浄度が低くなる。

4. 中央熱源空調方式は、個人の好みに対応することができないため、パーソナル空調方式としては採用されない。

解答11へ

問題10へ   問題12へ

1級建築士問題 目次へ戻る