平成23年度(2011年) 環境・設備 問題10

建築環境工学に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか?

1. Low-E ガラスは、日射の短波長域の反射率を高めたガラスであり、冷房負荷を低減させる効果がある。

2. 大規模な音楽ホールの室内音響計画において、エコー等の音響障害を避けるために、客席後部の壁や天井は、吸音性や拡散性に配慮した仕上げとする。

3. 高層建築物周辺の地上における強風被害は、低層から高層までの同一形状の平面をもつ建築物より、高層部と比較して大きな床面積の低層部をもつ建築物のほうが発生しにくい。

4. 天井の高いアトリウムでは、大きな上下温度差が生じやすいため、空調ゾーンを居住域に限定することも検討する必要がある。

解答10へ

問題09へ   問題11へ

1級建築士問題 目次へ戻る