平成23年度(2011年) 環境・設備 問題09

色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか?

1. 色光の誘目性は、一般に、色相では赤が最も高く、緑がこれに続き、青は最も低い。

2. 減法混色は、色を吸収する媒体を重ねて合わせて別の色を作ることをいい、混ぜ合わせを増すごとに黒色に近づく。

3. 照明の光が少々変化しても、その光が一様に物体に当たっていれば、物体の色を同じ色に認識できることを、色の恒常性という。

4. 進出色は、周囲よりも飛び出して見える色をいい、暖色や高明度色が該当する。

解答09へ

問題08へ   問題10へ

1級建築士問題 目次へ戻る