平成23年度(2011年) 環境・設備 解答08

1.
多孔質材料の吸音特性は、剛壁との間の背後空気層の厚さが増すと、低周波数領域で吸音率が大きくなる。

2. ×
吸音率=(吸収音+透過音)/入射音 で表わされ、「壁へ入射する音のエネルギー」に対する、「壁内部に吸収される音のエネルギー」と「壁の反対側へ透過する音のエネルギー」の和の割合である。

3.
透過率は、 透過率=透過音/入射音 で表され、「壁へ入射する音のエネルギー」に対する「壁の反対側へ透過する音のエネルギー」の割合である。透過損失は、透過率の逆数をdB表示で表わす。

4.
透過損失は、音の周波数、入射角、壁材料の面密度に依存する。一般に、垂直入射の場合の透過損失は、壁の面密度と入射音の周波数の積による。

問題08へ

問題09へ

1級建築士問題 目次へ戻る