平成23年度(2011年) 環境・設備 問題04

伝熱に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 壁体表面の対流熱伝達率は、風速が大きいほど大きくなる傾向にある。

2. 単一の材料からなる壁を単位時間に貫流する熱量は、定常状態において、壁体の表面積が2倍になると2倍になり、壁の厚さが2倍になると1/2になる。

3. グラスウールは、一般にかさ比重が大きくなるほど熱伝導率は小さくなる。

4. 雲天時においては、雲量が多いほど、また雲高が低いほど、夜間放射量は少なくなる。

解答04へ

問題03へ   問題05へ

1級建築士問題 目次へ戻る