平成23年度(2011年) 環境・設備 解答01

1.
スティーブンスのべき法則は、様々な音の強さの刺激強度を、基準値の音の刺激強度に対する感覚量と比較しての測定した結果、(感覚量)=(定数)×(刺激強度)Nという関係が成り立ち、感覚量は刺激強度のべき乗に比例することを証明したものである。
2.
マスキング効果は、通常時には明瞭に近くできる刺激が、別の刺激で覆われて知覚できなくなる現象をいう。音に関して使われることが多いが、香水のような強い香りが立ち込めている場合に、他の香りの感知を妨げることもマスキング効果である。

3. ×
照度は、ある面が光を受ける量を示し、受照面の単位面積あたりに入射する光束で表わされる。不快グレアの評価には、照度ではなく、背景光の輝度、光源の輝度、光源が視野に占める立体角の3要素を用いることが多い。

4.
温熱快適性を決定する要素は、周辺環境の要素である気温、放射温度、湿度、気流速度と人体要素である代謝量、着衣量の6要素である。

問題01へ

問題02へ

1級建築士問題 目次へ戻る