平成23年度(2011年) 計画 解答17

1.
ホワイトキューブは、美術館において、鑑賞者の注意を作品だけに集中させるため、一切の装飾的要素を排除した展示空間である。隣の作品が視野に入らない距離を保って展示することが望ましい。

2. ×
電磁シールドルームは、室の外部からの電磁波の侵入や、内部からの漏洩を低減するために、金属板や金網などで覆って室である。電子機材を設備した医療室、コンピュータールームなどに使用される。設問はクリーンルームの説明である。

3.
レンタブル比は、貸事務室など賃貸料を得られる収益部分の面積が延べ面積に占める割合をいう。収益性を考慮すると、貸事務所ビルにおいては基準階のレンタブル比は75〜85%程度必要である。

4.
低学年を総合教室型、高学年を特別教室型とする小学校では、クラスルームを低学年と高学年でそれぞれまとめるとともに、特別教室群は高学年側に配置し、共通学習スペースは両者の中心に配置することが望ましい。

問題17へ

問題18へ

1級建築士問題 目次へ戻る