平成23年度(2011年) 計画 解答16

1.
ふじようちえんは、長径約180m、短径約110mのほぼ楕円形の平面をした幼稚園である。既存のケヤキの大木3本を屋根を貫通させて残し、楕円形のドーナツ状のウッドデッキは、園児が自由に走り回れる遊び場になっている。

2.
愛知県児童総合センターは、愛・地球博記念公園内にある「あそび」をテーマにした児童施設である。斜塔のチャレンジタワーを中心に、縦横に張り巡らされたトンネルや空中歩廊、広々としたアトリウムなどがある。

3.
国立国会図書館関西館は、東京本館の蔵書の収容能力が限界に達しつつあるため、関西文化学術研究都市に開館した図書館である。全体の60%以上を占める書庫を地下に、閲覧室を中庭に面した半地下に、研究管理棟を地上に配置し、ボリュームを感じさせない景観上の配慮を行っている。

4. ×
茅野市民館は、高架の中央線茅野駅から直接アプローチできる構造の施設である。ガラスが多用されたホールは透明感あふれ、音楽、演劇、展示など様々な用途に利用できる。コの字型のガラスの箱で囲まれた中庭からは山並みが見える。設問は仙台メディアテークの説明である。

問題16へ

問題17へ

1級建築士問題 目次へ戻る