平成23年度(2011年) 計画 解答15

1.
特別養護老人ホームでは、従来の4人の共同部屋主体の介護施設から、数室の個室とその近くに共用スペースを設けたユニット(生活単位)を配し、10人以内の少数の家庭的な雰囲気の中でケアを行う、ユニットケアの手法で行うタイプに改善されてきている。

2.
老人デイサービスセンターは、食事、入浴などの日常生活動作訓練やレクリエーションなど、他の人との交流を図る施設である。食堂、機能訓練室、静養室、相談室、事務室等を有することとされている。

3. ×
介護老人保健施設の療養室は、入所者1人当たり8u以上必要とされている。

4.
認知症高齢者グループホームの1ユニット当たりの入居定員は、5人以上9人以下とすることとされている。

問題15へ

問題16へ

1級建築士問題 目次へ戻る