平成23年度(2011年) 計画 問題14

・市役所本庁舎の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


1. 議会関連諸室(議場、委員長室、議員控室等)の床面積の合計は、一般に、庁舎全体の床面積の10%程度となるようにする。

2. 届出の受理や証明書の発行等、市民と接する窓口事務部門の床面積の合計は、一般に、庁舎全体の床面積の合計の30%程度となるようにする。

3. 来庁者の70〜80%が利用する窓口事務部門は、一般に、メイントランスホールに接したわかりやすい場所とする。

4. 議場は、行政部門とは別組織であり、大空間が必要であることから、一般に、庁舎の最上階又は別棟とすることが望ましい。

解答14へ

問題13へ   問題15へ

1級建築士問題 目次へ戻る