平成23年度(2011年) 計画 問題13

・商業建築等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。


1. 劇場の計画において、演目に演じて客席と舞台の関係を変化させることができるように、プロセニアムステージ形式を採用した。

2. 事務所の執務室の計画において、天井に設置する設備の配置や間仕切りの位置のモデュールを、3.6m×3.6mとした。

3. 事務所の執務室の計画において、在籍率が50〜60%と想定されたので、座席を在籍者で共有し、スペースを効率的に利用するために、フリーアドレスオフィスを採用した。

4. 高層ホテルの計画において、非常用エレベーターは、その近くにリネン室等のサービス諸室を配置し、サービス用エレベーターとして利用することとした。

解答13へ

問題12へ   問題14へ

1級建築士問題 目次へ戻る