平成23年度(2011年) 計画 問題10

まちづくりに関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 地方自治体が都市計画の案を作成する際には、必要に応じて、住民の意見を反映させるために公聴会等を開催する。

2. 地方自治体が作成した都市計画の案に対する住民の意見は、案の縦覧期間後に意見書を提出することにより、都市計画審議会において検討される。

3. 地方自治体が定めるまちづくり条例において、近年では、住民発意の計画を実現化する仕組みを設ける自治体が増えている。

4. 法律に基づかない任意のルールであるまちづkり協定やまちづくりガイドラインは、一般に、地域の独自性を反映させやすい。

解答10へ

問題09へ   問題11へ

1級建築士問題 目次へ戻る