平成23年度(2011年) 計画 解答08

1.
床面から食器棚の上端までの高さを130cmとすると、車いすの座面から90cm程度となり、車いす使用者の頭の少し上で、手が容易に届く。

2.
車いす使用者が利用するシャワーブースは、手動車いすで回転できるスペースは、手動車いすで回転できるスペースである、150cm角以上を確保する。

3. ×
手すりは両側に設置することが原則であるが、片側にしか設置できない階段幅の場合には、降りる時の利き手側に設置する。

4.
視覚障害者誘導用ブロック(点字ブロック)の床面に対する輝度比は、弱視者を考慮した場合に2.0程度必要とされている。高齢者が段差の存在を知覚できるようにするため、踏面と段鼻の輝度比を2.0とすることは適当である。

問題08へ

問題09へ

1級建築士問題 目次へ戻る