平成23年度(2011年) 計画 問題05

建築物とその周辺環境に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. ボンエルフは、自動車の速度を低く抑え、厳密な歩車道分離をせずに歩行者と自動車が共存できるようにした街路空間である。

2. 都市部にある建築物の屋上にこう反射性塗料を塗ることにより、ヒートアイランド現象を抑制する効果が期待できる。

3. 公開空地は、一般に開放され、日常自由に利用できる敷地内の広場のことであり、歩道状の空地やアトリウム空間を含まない。

4. 自然風を利用するに当たっては、建設地や周辺環境における夏期及び中間期の卓越風の方向を確認できることが重要である。


解答05へ

問題04へ   問題06へ

1級建築士問題 目次へ戻る