平成23年度(2011年) 計画 問題04

建築物の各部に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1. 木造軸組構法の京間は、モデュラーコーディネーションにおけるダブルグリッドに分類される。

2. 金属板により屋根を葺く場合、一般に、一文字葺より瓦棒葺のほうが、屋根勾配を緩くすることができる。

3. 外気に面する窓に設けるブラインドは、窓の室内側に設ける場合より室外側に設ける場合のほうが、冷房負荷を低減することができる。

4. マリオン方式のメンタルカーテンウォールは、一般に、上部又は下部のファスナーをスライドさせることにより、地震時の層間変位に追従することができる。

解答04へ

問題03へ   問題05へ

1級建築士問題 目次へ戻る